Welcome

ブログ

2022-09-01 11:49:00

ローリングストックのススメ。

こんにちは、東京都品川区にあるトリミングサロン「犬の美容室NORWICH(ノーリッチ)」です。

あっという間にもう9月ですね。そして、9月1日は防災の日なので、そんな話をしてみたいと思います。

知っている方も多いと思いますが、最近では「ローリングストック」というものが推奨されています。

これは、保存食とは別に、日常的に使用しているものを備蓄に取り入れるという考え方で、普段使う食品などを多めにストックしておき、使用したら補充するという方法です。

bou.png

保存食というと、乾パンやアルファ米などが多いと思いますが、食べたことはあるでしょうか?また、それを1週間食べ続けられるでしょうか?

被災とは状況が違いますが、私が入院した時の話、胃腸関係だったので、1週間お粥と油っ気の一切ない食事でした。

最初は味気ないなと思いながらも普通に食べれていたんですが、1週間経つ頃には、お腹は空いているんですが、お粥を見るだけで食欲がなくなってしまう状況。デザート用に添えられていた小さなプリンやヨーグルトだけが喜びでした。

退院後に食べたケンタッキーのおかげで、あっという間に食欲はもどりましたが(笑)→本当は、しばらくは脂ものは控えるように言われていましたが…💦

このように、普段食べ慣れないもの、味気ないものを食べ続けるというのは、結構苦痛で、実際に避難生活というストレスのある状況だと大きな問題になってくると思います。

これはワンちゃんも同様で、普段と違うものだと食べなくなってしまったり、お腹を壊してしまったりということが起ってくる可能性があります。

また、そもそもワンちゃんのご飯はいざという時、すぐに確保することが難しいです。

そのため、普段からローリングストックしておくと、いざという時に非常に役に立つと思います。

備蓄と考えると賞味期限が長くないと…と思う方もいるかもしれませんが、どんどん使っていくので、期限は短くても大丈夫です(1か月とかだとちょっと短いですが)。

逆に、保存食は気付いたときに賞味期限が切れていたりするので、その期間までに使用できる分をスットクしておけばいいこの方法だと、期限も切れず、いちいち確認もしなくて良いので楽だと思います。

余談ですが、人だとポテトチップスなどのお菓子も意外と期限が長いので立派なストックになります。じゃがいもや玉ねぎも常温保存出来ますし、調味料をストックしておくのも役に立ちます。

あと、調理が出来ないと元も子もないので、カセットコンロがあるとかなり良いと思います。

今は、ご飯の事だけを言いましたが、普段飲んでいる薬がある場合も、特にワンちゃんの薬は人のモノを確保するより困難と言われているので、それもローリングストックに入れておくと良いと思います。

また、ペットシーツやうんち袋など、普段使用している消耗品も常に1袋余計にある状態にしておくだけで、立派な防災対策になりますし、そんなに負担にはならないのではないかと思います。

全部持って逃げれないと思うかもしれませんが、あくまでも避難時は最低限の荷物で、これらは落ち着いたら取りにきたり、最近では安全が確保できるのなら自宅で生活することもありますので、是非「 ローリングストック=普段の生活のスットク」を、ワンちゃんのためにも試してみてください。

 

 犬の美容室NORWICH 矢羽(ヤバ)

2022-08-31 17:10:00

イエローリボンプロジェクト

こんにちは、東京都品川区にあるトリミングサロン「犬の美容室NORWICH(ノーリッチ)」です。

涼しいと思ったら、また暑くなってきましたね。沖縄の台風も心配なところです。

さて、たまにはトリミングとは少し違う話になりますが、皆さんは「イエローリボンプロジェクト」をご存じでしょうか?

これは、2012年6月にスウェーデンで始まり、色んな事情があるワンちゃん達がストレスなく過ごせるように考えられたプロジェクトです。

リボンだけでなく、服やハーネスなど、黄色いものを身に着ることで「いろんな事情があってこの子は今、誰かに近づいてほしくないです。そっとしておいてほしいです。」という意思表示をしています。

ribbon_yellow.png

ここで誤解してはいけないのが、黄色いリボン=噛む・吠えるという意味だけではないということです。

そっとしてほしい様々な理由は以下です。

 

・健康上の理由

・トレーニング中

・社会復帰のための訓練中

・他の犬が怖かったり、反応してしまう

 

例えば、手術後でまだお友達と遊べない、発情期中、保護犬で少しずつ環境に慣れている最中、シニア犬などなど。

私も、うちの子が病気になり、まだ歩けた頃ですが、散歩で自分のペースが崩れるとワンワン興奮してしまう時がありました。

やはりそんな時は申し訳ないですが、お友達でも声をかけてもらいたくないな…なるべく合わないように…と思っていました。

犬にストレスがかかるということは、飼い主さんも神経を使いストレスがかかるということでもあるので、こういったことが広まると良いのかなと感じます。

 詳しくは↓

イエローリボンプロジェクト・ジャパン

 

まだまだ日本では認知度が低いですが、もし黄色いものを身に着けている子がいたら、そういう可能性もあるかもと、ちょっと心にとめていただけると幸いです。

 

犬の美容室NORWICH 矢羽(ヤバ)

2022-08-30 12:29:00

カットしない犬種のカット。

こんにちは、東京都品川区にあるトリミングサロン「犬の美容室NORWICH(ノーリッチ)」です。

昔と比べ、今はどの犬種にも色々なカットスタイルがあるので、うちの子もこの子みたいにしたいという気持ちになると思います。

ただ、犬種によっては、カット後に毛が生えなくなる場合がありますので、注意が必要です。

特に言われているのがポメラニアンで、その他、ダックスフンド、チワワ、柴犬など、いわゆる、通常はカットの必要がない犬種をカットした場合に多く見られます。(ポメラニアンも通常はカットはしない犬種です)

gu.png

原因はいまだにはっきりしていませんが、バリカンをかけることで、毛が生える周期に何らかの異常をきたし、成長が止まり、伸びなくなるようです。

バリカンだけがダメかというと、これはいろんな意見があると思いますが、個人の経験上では、ハサミでカットした場合も伸びなくなる子はいました。

病気ではないので、時間がたてば生えてくることが多いですが、半年から2年くらいかかる場合もあります。

以前、足の手術をするために腰から下を剃った柴犬は、半年近く全く生えてこず、元に戻るまでに1年以上かかっていました。

また、生えてくる場合も、毛の質感が変わってしまうことが多いです。

多くの場合が、コシとツヤのある毛から、ふわふわ柔らかい毛に変わり、色も薄くなってしまう傾向にあります。

そして、いずれ伸びるにしても、そこまでの間の見た目が、あまりキレイではないということも知っていてほしいです。

当店ではそのような犬種をカットする場合、そういったリスクについても説明させていただいております。

生えなくなったり、毛質が変わった場合、トリマーは戻すことが出来ないので…ごめんなさい💦

もちろん、ご了承いただいた上で、そのカットにしたいというご希望には全力でお答えいたします。

もし、夏は暑そうだからカットした方がいいのか?抜け毛対策には短い方がいいのか?という理由でしたら、違う方法もご提案いたしますので、ご相談ください。

とはいえ、毛が生えない場合、上記以外にも病気が絡んでいる場合があります。

あまりにも生えない、剥げるなどございましたら、一度動物病院にご相談いただけると幸いです。

 

犬の美容室NORWICH 矢羽

2022-08-29 10:06:00

ワンちゃんの健康チェック

こんにちは、東京都品川区にあるトリミングサロン「犬の美容室NORWICH(ノーリッチ)」です。

ここ数日は、少し涼しく、ワンちゃんもお散歩しやすいのではないでしょうか?涼しいので我が家の子の足取りは軽快です。

さて、以前記載したペットセーバー(ペットの救急など)ですが、そこで大切とされているのが「守れる命をまもる」そして、「ペットを守れるのは飼い主さん」ということです。

そのためには、救急の対応はもちろん大切ですが、やはり人と一緒で、早期発見・早期治療が大切になってきますので、今回はそのことを書いていこうと思います。

juy.png

では実際何をすればいいの?ということですが、それば我が子の普通の状態(健康な状態)を知るという事です。

具体的な項目は以下です。

〇身体チェック

・鼻…湿り具合、色、形など

・目…色、目やに、見え具合など

・口(口周り、口内、歯、舌)…色、出来物の有無、歯石など

・耳…色、ニオイ、汚れなど

・体(首、背、腰、腹、胸、尻)…色、痛み、動きなど

・前足、後ろ足…動き、爪、肉球など

・毛…色、抜け毛、汚れ、ノミダニなど

・肛門、陰部…形、色、大きさなど

・歩き方…ゆっくり歩いた時、走った時、バランス、呼吸状態など

・表情

・普段の体重、呼吸回数、脈拍、体温を知るとなお良いです。

 

〇排泄チェック

・(便・尿)色、量、回数 、排泄の仕方

 

〇食事チェック

・食事量、食いつき、食べ方、飲み込み方

・飲水量、回数、飲み方、飲み込み方

 

異常がないか確認するのではなく、あくまでもお家のワンちゃんの普通の状態を知る、例えばこの子の鼻はこういう形でこれくらい湿っているのが普通と知っていることが大切です。

正常を知っていれば、そこから外れた場合、普段と違う=異常があると分かるというわけです。

また、全部を細かく見れたら良いですが、さすがに神経がすり減ってしまうので、例えば飲水量は何mlまで分からなくても、いつもお皿のここまで減っているということが分かっていれば、普段より飲む量が多いのか少ないのか分かります。飼い主さんの行える範囲で、その子の普通の状態を把握できればと存じます。

 

定期的な検診ももちろん大切です。血液検査など細かく見れるのもそうですが、獣医さんもその子の普段を診れるので、データだけではない「おかしいな」を感じ取り易くなると思います。

そして、おかしいなと思った場合は、飼い主さんの感覚を信じてください。

我が家のケンタ(この子については後日)は、なんとなく元気がない日が続き、おかしいと思っていましたが、健康診断も異常がなく、問題なしとされていました。

それでもおかしいと思い、違う検査をお願いしましたが、それも異常なし。そして、ある日痙攣を起こし、脳腫瘍(疑い)が発覚しました。

人の場合もそうですが、お医者さんに問題ないと言われるとそうなのか…と思ってしまうことがあると思います。

もちろん、問題ないことが大半ですが、納得出来ていないなら、飼い主さんにしか感じ取れないそれを信じて、その子のために対応していただけるといいのかなと思います。

 

また、トリミングサロンは0.5次救急の場を担っていると言われています。(一次救急:軽症の外来など、二次救急:入院・手術が必要な医療、三次救急:救命救急など)

正式にそういう言葉があるわけではないですが、病院に行く前の段階で健康チェック、早期発見、健康へのアドバイスなどを行える存在ということで、当店もキレイにするだけでなく、そういった部分のサポートもしていきたいと思っております。 

最後に、そもそも触ったりチェックが出来ない場合はどうしたら…という方もいるかもしれませんが、それについては後日、リラックスポジションというしつけ方法について書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします

 

犬の美容室NORWICH 矢羽

2022-08-28 10:40:00

お家でのお手入れ(耳掃除)

こんにちは、東京都品川区にあるトリミングサロン「犬の美容室NORWICH(ノーリッチ)」です。

今回のお手入れは「耳掃除」です。

といっても、爪切りなどと異なり、耳にトラブルがない場合は、定期的に掃除せずとも問題はないケアではあります。

人も、耳にトラブルがない場合はそんなに行わないですよね?(耳かきが気持ちいから定期的にやることはあるかもしれませんが…)

ただ、だからと言って放っておくとトラブルを見過ごしてしまうので、耳の汚れや臭いのチェックは1~2週に一回程度行い、その時に汚れているようなら掃除をするという方法が良いと思います。

そして、通常は、コットンで1~2回拭き取ればキレイになると思いますが、汚れが酷かったり、皮膚が真っ赤に腫れている、クサイなど普段とは違う状態になっている場合は、動物病院を受診することをおススメします。

皮膚だしキレイにしておけば治るのでは?と思う方もいるかもしれないですが、酷くなると回復に時間がかかりますし、その原因が例えばアレルギーや耳ダニによるものだと、その根本を治さないと良くはならないです。それに、人と一緒で、ずっと痒かったり痛かったりするのはワンちゃんも辛いですよね。

 

方法ですが、「ぬるま湯で湿らせ、しっかり絞ったコットン(お湯の温度はワンちゃんが嫌がらない温度で!)で指の届く範囲を優しく拭く」です。

綿棒や耳かきを使いたくなるかもしれませんが、傷をつけたり耳垢を奥に押し込んで、逆に耳を悪くしてしまうことがあるので避けましょう。

どうしても綿棒を使いたい場合は、綿棒を湿らせ、「見える所だけ掃除をする、綿棒は奥に入れない、そしてとにかく優しく掃除をする」でお願いいたします。

 長毛のワンちゃんだと、耳毛も気になるところだと思います。

以前は耳毛はキレイに抜くと言われていましたが、最近は抜く必要はなく、必要がある場合はカットするという方向に変わってきています。

理由は、耳への刺激が強い、ゴミ・細菌などの侵入をバリアする機能が損なわれる、多くの場合は耳毛のせいで耳が悪くなっている訳ではないといったことがあげられます。

なので、当店では通気が悪くならない程度の耳毛抜きをさせていただいておりツルツルにはしていませんので、ご希望がありましたらお伝えください。

 また、イヤークリーナーについてですが、耳垢が取れやすくなるので、お店では使っておりますが、それで拭いたペタペタ感なのか、気にする子も時折見るので、お家で行う場合は、ぬるま湯で十分だと思います。あっ、もちろん使っちゃいけないわけではないですよ。

 

そして、爪切り同様、そもそも耳に触れない場合ですが、これも少しずつ慣れさせていくしかないです。

実は我が家のキョーコちゃんも耳が大っ嫌いで、逃げるは暴れるは噛むはで大変でした。

それでもちょっと触ったらオヤツや褒めたりを繰り返したことで、ギリギリではありますが、やらせてくれるようにはなりました。(やった後は、心を閉ざしてしばし隠れてしまいますが…💦) 

やった分だけ返してくれるのがワンちゃんの凄い所だと感じます。

なので、1回出来ないからとあきらめずに、根気強く行っていけば、絆も深まりますし、出来ることも増えていくんじゃないかと感じます。

 

 

犬の美容室NORWICH 矢羽